塩素に足をつけるだけで治りました

塩素に足をつけるだけで治りました

無頓着な性分なので、自分の体をくまなくチェックすることがなく、ある日突然、足の爪が黄色く変色し、爪とは思えないような分厚いフォルムになっていて驚きました。夏までに治さないと、ビーチサンダルも履けないと思い、薬局に行って爪水虫の薬を探しました。

 

しかし、爪水虫の薬は思っていたより高かったので、もっと安く治療できる方法はないかと探してみました。すると、塩素を水で薄めた中に足をつけると、すぐに治るという情報を目にしました。塩素は、キッチンの消毒などのために常備しているので、わざわざ買う必要もなく、すぐに始めてみました。

 

5倍に薄めた塩素の中に10分足をつけることを5日間続けましたが、表面的には大きな変化は見られませんでした。継続してやり続けると、肌が炎症を起こす恐れがあるとのことなので、そのまま何もせずに放置していたのですが、気づいたら、爪の色が元通りにもどりつつありました。

 

1ヶ月ほど経つと、爪の厚さも普通になり、新しく生えてきた爪は、健康そのものです。

 

こんなに安く、簡単に治療できるなんて驚きましたが、友達には恥ずかしくて教えていません。爪水虫は完治しにくい疾患だと聞いていたので、ちょっと拍子抜けしました。

 

治りづらかった爪水虫を薬で治せました

爪水虫の問題は以前から気になっていたのですが、十分な対応をしていませんでした。乾燥させることやよく洗えばいずれ治ると考えて、特別な方法は使ってなかったです。

 

ただそういう形では全然良くならず、更に水虫の状態が悪化してまずいなと感じていました。このままだと問題が悪化しそうだったので、ドラッグストアに行って薬を買うことにしました。

 

ドラッグストアには色々な製品があって、どれを選べば爪水虫に効くのか分かりませんでした。そのため店員に詳しく話を聞いたのですが、治療に知識のある方だったので助かりました。

 

お店の人のアドバイスで買った商品は、爪の内部まで効果が浸透するタイプのものでした。それが一番効きますと太鼓判を押されたので、期待して使ってみたのですが確かに効きました。

 

今までは爪水虫の所が拡大していたのですが、薬を使ってからは拡大が抑制されました。更に使っていると爪がおかしくなっている所が減って、かなり状態が良くなりました。

 

爪水虫は簡単には良くならないと聞いていたのですが、どうやらいい薬を使ったらしくすぐに治せました。今は水虫のことで悩むことはありませんけど、もしまたなった時は同じ製品を使う予定です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら