オロナインを使用してみて

オロナインを使用してみて

慢性的な爪水虫に悩んでおり、いろいろな対策を実践していました。最初のころは洗浄・乾燥を徹底しており、これで完治したことがあります。しかし、皮膚も年齢とともに老化していくためか、30代半ばくらいから再発してしまいました。

 

営業周りでずっと歩きっぱなしなので、靴が蒸れてしまうのも原因かもしれません。消臭スプレーを使用しても雑菌を抑えることができないようで、爪水虫が治ることはありませんでした。

 

そこで今度はオロナインを使用したわけですが、これも完治には至りませんでした。切り傷に使用したときは高い効果がありましたが、爪水虫にはあまり効かなかったです。もちろん個人差もあるのでしょうが、爪水虫専用ではないことが理由かと思います。オロナインの次に試したのは、クリアネイルショットという爪水虫の専用アイテムでした。

 

クリアネイルショットは驚くほどの浸透力があって、爪が健康になっているのがハッキリとわかったのです。プルプルと弾力性のあるやわらかい爪になれましたし、乾燥しないのでボロボロ状態からも開放されました。様々な対策をしてきましたが、専用アイテムのクリアネイルショットが一番よく実感できました。今は完治しましたが、予防対策のためにも継続利用しています。

 

 

水虫に使えるエクシブと爪水虫

温泉や銭湯に行くときは、自分専用の足ふき用タオルを持っていくのですが、何回か持っていくのを忘れてしまいました。すると、ある温泉施設に行ったときに感染したのか、急に足が痒くなりました。角質から白癬菌が入り、真皮の血管や神経が刺激されると痒みが起こるのです。かなり痒みがあるので、取りあえず口コミで評価が高いエクシブを使って様子を見ることにしました。

 

エクシブは、1日1回で使うだけで効果が期待できる治療薬で、奥深くの水虫菌も浸透殺菌してくれます。ミストタイプのエクシブは、液だれしないので、とてもt買いやすいです。香りも薬独特の変な香りがせず、せっけんの香りなので躊躇せず使えます。

 

しばらく使って様子をみたら、思ったよりも早く痒みが消え、症状も改善してきました。口コミの評価が高いのも納得です。価格も手頃だし、ドラッグストアで購入できるので、常備しておくと便利です。ただ、爪水虫の場合は市販薬では治療することができないので、皮膚科の専門医の診察を受けた方が安心です。

 

皮膚科では、検査をして爪水虫だと判明したら、適切な治療薬を処方してくれます。処方された治療薬を塗ることで、1週間から2週間ほどで症状が改善されてきます。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら