副作用のリスクは低い?高い?

副作用のリスクは低い?高い?

<足の爪悩みは深刻です。>
普段は、フットネイルでごまかしているけど、もともとの足の爪の色が気になる。
くすんで艶がなく、カサカサで爪切りで切りにくいし、とっても扱いにくいのが悩みです。

 

でも足の爪って優先順位が低くなりがちだけど、思い切って改善したいと思いいろいろやってみることにした。

 

<とにかく清潔にしてみた結果は?>
まずは、お手軽に足を清潔にすることを心がけました。

 

スクラブ入り石鹸や、足用パックに挑戦!
・足全体の角質が取れ、足の色のトーンが明るくなったけど足の爪の色は変化なし。

 

<爪がなかなか綺麗に戻らない理由は?>
洗うだけではなかなか改善が見られなかったので、他の方法を検索してみる事に!

 

すると、「爪は、清潔にするだけでは改善しない!」とのこと、、、、残念。

 

理由は、爪には今ある爪を自分で生まれ変わらせる力がないとのことでした。
そして、一度でも爪がひどい状態になってしまったら、綺麗な状態にもどるにはなかなか
難しいとのこと。

 

<爪を綺麗にする2つの方法>
自力では綺麗にならない爪の悩み解決には、一般的に2つあるみたいです。
1つは、飲んで内側から対処する方法。
もう1つは、外から塗って対処する方法。

 

【飲んで内側から対処する方法の特徴】
・効果が早くあらわれる。
・副作用のリスクが高い。

 

【外から塗って対処する方法の特徴】
・効果に時間がかかる。
・副作用のリスクが低い。

 

足の爪を綺麗にする事に対して、副作用のリスクが高い【飲んで内側から対処する方法】
は、ちょっとハードルが高いので却下。

 

【外から塗って対処する方法】の方がリスクが少ないこちらの方が魅力的。

 

<クリアネイルショット>
副作用のリスクが低い【外から塗って対処する方法】で検索結果。
有力候補にあがったのはクリアネイルショットという商品でした。
なぜなら、日本有数の医学誌に掲載されていたり、モンドセレクション金賞受賞(2017年)していて、世界にも認められている商品です。

 

とくに、浸透しにくい爪に対して
スピーディかつしっかり浸透させるジェルタイプの「浸透力特化型」というのに惹かれました。
そして、クリアネイルショットの主な成分が植物由来成分だという事もポイントが高いです。

 

<まとめ>
【飲んで内側から対処する方法】はとても副作用のリスクが高いのに対し、
【外から塗って対処する方法】クリアネイルショット副作用はとても低い。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら