爪水虫はうつらない?

爪水虫はうつらない?

爪水虫は普通の水虫と違って、他人にうつらないと思っている人がいるようですが、そんなことはありません。
爪水虫が他人にうつらないと思っている人はおそらく皮膚感染ではなく、爪の中だからと思っているのかもしれませんが、爪水虫は他人にうつらないなんてことはありません。

 

水虫も爪水虫も白癬菌に感染しているのは間違いありませんので、それが他人の足に感染したら自分の爪水虫が人に感染したということです。
つまり、爪水虫は他人にうつらないというのは嘘です。

 

だから、自分が爪水虫だとわかったら、まず家族に感染させないように気をつけなければいけません。それはどうするかというと、スリッパは共有しない。お風呂の足拭きマット、タオル類も共有せずに毎日洗濯すること。

 

そして、家の中を歩く時に裸足で歩き回らないことです。白癬菌をばらまかないようにできれば清潔な靴下をはいて、自分専用の靴下を履いてください。
家に帰ったらそのまま靴下を脱がないで、バスルームへ行き、そこで初めて靴下を抜いて靴下と足を一緒に洗うのが一番ですね。

 

でもそんな面倒なことはと思うなら、帰宅したらすぐに自分専用のスリッパをはいて、新しい靴下に履き替え、寝る前にお風呂に入った後にまた別の清潔な靴下をはくのがいいです。

 

その前にお風呂から上がったら、足の水気をちゃんとふきとってからすぐに薬をつけるのがベストです。
なぜなら、お風呂上りには、爪が柔らかくなっていて、薬の浸透が良いからです。爪水虫の薬を選ぶ時に一番重要なのが、爪に浸透するかどうかです。

 

普通の水虫薬の場合には、皮膚に塗ることを前提としているために、爪に浸透するかどうかわかりません。
だから、爪水虫の薬を選ぶ時にはかならず爪水虫専用の薬や対策ジェルを選ぶようにしてください。
上記のように最新の注意を払って家族に爪水虫がうつらないようにしてくださいね。

 

もし赤ちゃんがいるようなら、赤ちゃんのような柔らかい肌なら、すぐに白癬菌に感染してしまうかもしれません。
足でなくても手や頭など、感染する部位によって水虫、しらくも、いんきん、たむしなど名前は変わってきますが、白癬菌であることには違いはありません。

 

それから、爪水虫は爪が全部きれいに生え変わると完治したと思いがちですが、それでも白癬菌が残っている可能性がありますので、できれば数か月は様子を見ながら治療を続けた方がいいと思います。

 

せっかくきれいな爪が生え揃ったと思って治療をやめ、また再発したらとてもがっかりですよね。時間がかかるだけに、最後の最後まで気を抜かないで根気よく継続して欲しいと思います。

 

⇒爪水虫をこっそり治したい人はこちら